出会い系で割り切り募集する素人女性とセックスする方法を解説する

今や出会い系では素人女性が割り切りするのが当たり前の時代になっている。

出会い系って聞くと「本当に出会えるの?サクラや業者じゃない?」と思っている人も多いのではないだろうか。

「出会えない」「サクラばかり」そんな話はとうの昔である。

最近はネット援交やパパ活が流行っており、素人女性が出会い系で割り切りを募集している。

また大手企業が出会い系の運営に乗り出していることもあり、サクラや業者の撲滅にかなり力を入れているのだ。

さてそこで今回は、出会い系における割り切りの実態と実際に割り切りで即会いできる安全安心な優良出会い系を紹介しよう。

割り切りできる優良出会い系を早く教えろよ、って人のために先に管理人が選ぶ出会い系ベスト3を紹介する。

管理人が激選!割り切りにおすすめ出会い系ベスト3

※18歳未満の利用は禁止

素人女性の割り切りがネットで流行っている

出会い系はサクラばかり?そんな話はとっくの昔

「新潟県知事『買春』女子大生の告白」――。“文春砲”で辞任に追い込まれた米山隆一知事(50)は、出会い系サイト「ハッピーメール」を通じて知り合った女子大生2人に、1回3万円、知事当選後は4万円を渡していたという。
 今回の辞任騒動で、そのハッピーメールが「本当に女子大生と出会えるんだ」と評価を上げているというから笑えない。
日刊ゲンダイ

今や個人買春はネットでの出会いが当たり前。県知事でさえ出会い系を利用している。

アダルト掲示板のある出会い系では、お金の援助を求めて積極的に割り切りを募集する女性ばかりが目立つ。

出会い系といえば、一昔前までは怪しい会社が運営をしていたが、ここ最近ではリクルートやサイバーエージェントなどの大手企業も出会い系の運営に乗り出している。

優良の出会い系はサクラ撲滅のため、本人認証端末認証(2重アカウントチェック)の仕組みを導入しており、ユーザは安全に使えるようになってきた。

匿名性の高いSNSで出会いを求めるよりも、出会い系を利用するほうが女性にとっても相手の身分が保証された相手となるので、安心して出会うことができるわけだ。

お小遣い稼ぎで割り切り募集をかける女性たち


本当にごく普通のどこにでもいる女の子が割り切りをしている。

割り切りをする女性といえば、生活のために身体を売るしかない貧困女子のイメージを持つ人が多いが、最近ではお小遣いやバイト感覚で割り切りで稼ぐ女子大生やOLが増えている。

ようするに、生活をより充実させたい素人女性が出会い系にもの凄くなだれ込んでいるのだ。

また最近はパパ活という言葉も流行っている。パパ活とは食事や身体を売ってお金を得ることだ。

援助交際をクリーンな言葉に置き換えただけで、実態としては何ら変わらない。

出会い系における割り切りとは?

そもそも「割り切り」という言葉に耳慣れない読者もいるだろう。

割り切りの意味や法律的にどうなのかをここで解説しておこう。

割り切りとはお金を渡してエッチすること

割り切りとは「恋愛感情なしにお金を渡してエッチをすること」である。

個人買春や援助交際(援交)と同じものと理解してもらえばよい。

補足説明

割り切りと援交は狭義の意味では女性の年齢によって使い分けをされる場合もある。

  • 割り切り: 18歳以上の女性とエッチをする
  • 援交: 18歳未満の女性とエッチをする

「プチ割り」や「プチ援」といった言葉もある。

プチとは手コキやフェラによる抜きを意味する。プチは車の中やカラオケ、ネットカフェなどで行われることが多い。

割り切りは法律的に合法なの?

そもそも割り切りって違法でしょ」と勘違いしている人もいるだろう。

割り切りは違法行為として処罰されることはない。

厳密にいうと、買春防止法に抵触する可能性があるがその行為自体に罰則がない。

たとえば、好きになった女性を食事に誘ってご飯をおごったり、相手が喜ぶプレゼントを渡し、その後いい感じの雰囲気になってホテルでセックスをするとしよう。

こんなことは普通の恋愛でも起こり得ることだが、このケースでも買春防止法に抵触してしまうことになる。

つまり、男女の自由恋愛とは複雑なものなので当事者間において買春防止法による罰則がなく、セックスの見返りとして、女性にお金を与えてもそれ自体が罪に問われるこがない。

じゃあ買春防止法は何のためにあるかというと、管理買春と呼ばれるエッチできる女性を紹介して利益を得ている裏風俗や買春クラブといった仲介業者を取り締まるためだ。

じゃあ個人間で行われる買春は安全かというと、一つだけ注意してほしいことがある。

相手が18歳未満の場合は児童買春として罪に問われる。

未成年との性的な行為は法律に固くなに禁止されているので、絶対に未成年には手を出さないことだ。

ただ出会い系はSNSと違って、18歳以上しか利用することができない。

18歳以上かどうか年齢確認を必須としている出会い系が多く、そういった出会い系で相手を探す分には安全である。

ポイント
18歳以上であれば買う男性も売る女性も罪に問われることがないが、18歳未満の場合は児童買春として罪に問われる。

どんな女性が割り切りしているのか

出会い系ではどんな女性が割り切りをしているのか紹介しよう。

素人


昔は生活にとても困っている貧困女子が多かったが、最近では普段の生活をより充実をさせたい女子大生タイプが多い。

一番多いパターンが「あっ今月お金を使いすぎちゃったから、短時間でお小遣い稼ぎをしちゃおう」という単発バイト感覚の子が多い。

また「ブランドのバッグを買いたい」「海外旅行に行きたい」といった気持ちから割り切りをはじめる女性も多い。

お金が貯まったらすぐに足を洗ってしまうのも特徴の一つである。

セミプロ


セミプロとは割り切りを仕事として生活費を稼いている女性である。

このパターンは風俗嬢や元風俗嬢が多い。

毎日のように出会い系にログインし、さまざま掲示板に割り切り募集の書き込みをしている。

割り切りに慣れているため話がスムーズであるが、素人感を求めたい人には不向きである。

援デリ


援デリとは「援助交際」と「デリバリーヘルス」を組み合わせた造語のこと。

出会い系で割り切りを求める男性に出会いを持ちかけ、会う日取りが決まったら待ち合わせ場所に女性を派遣する。

ようするに、女性が個人買春を行っているようにみせて、裏ではその女性をデリヘル業者が管理しているわけだ。

男性側から見ればその女性が「個人で身体を売っているのか」「管理されて身体を売っているのか」の違いになる。

その女性が援デリ嬢であろうと、普通にエッチできるので男性側が不満ないように思うかもしれないが、援デリ嬢はルックスレベルが低く、サービスも手抜きが多い。

そもそも援デリ嬢と出会うなら、普通に優良な風俗店に行く方がおすすめである。

割り切りの相場

割り切りの相場はセックスありなしで変わってくる。

  • セックス(本番あり) 15,000〜25,000円
  • フェラ 5,000〜10,000円
  • 手コキ 3,000〜5,000円

地域や年齢によっても相場が変わってくる。

都内の方が地方よりも相場が高めである。

若くてルックスに自信のある子は高値で売っているし、30代以上の女性になってくると値段が落ちてくる。

これにプラスしてホテル代がかかるので、手コキやフェラなとでサクッ抜きたい場合は、車の中やカラオケボックスなどが利用されることが多い。

割り切りの用語・隠語

出会い系の運営は割り切りや個人買春を公式的に認めてはいない。

そのため、買う男性、売る女性のあいだでは隠語でやり取りが行われている。

割り切りするなら覚えておきたい隠語をピックアップしよう。

  • 苺(いちご): 1万5千円のこと
  • ホ別1.5: ホテル代別で1万5千円のこと
  • 意味わかる人: 援交希望だとわかってくれる人
  • ¥、円、援、サポ、支援: 援交を意味する隠語
  • プチ、プチ援: セックスなしの援交(フェラや手コキはOK)

割り切りしたいならどの出会い系を使えばよい?


では実際に出会い系を使う場合、どのような出会い系を選べばよいか。

出会い系業界は優良な出会い系が増えたとはいえ、まだサクラばかりの危ない出会い系も多く存在している。

出会い系選びで絶対に使ってはいけないのが無料の出会い系を使うことである。

はっきり言って、無料の出会い系はサクラしかいないため絶対に出会えない。

サクラは悪質な詐欺サイトへ誘導してお金を稼ぐ業者が多い。

また無料と書いていながら、後から高額請求してくる悪質な出会い系も多い。

本人確認を行っていない出会い系は絶対に使うべきではない。

割り切りにおすすめの出会い系ベスト3

管理人が色々と出会い系を試してきたなかで、割り切りにおすすめの出会い系ベスト3を紹介する。

1位 PCMAX

PCMAXの基本データ
会員数 1000万人以上
運営年数 15年以上
公式サイト https://pcmax.jp
料金体系 ポイント制
登録料金 男女ともに会員登録無料
利用料金(男性) メール受信 0pt(0円)
掲示板閲覧 1pt(10円)
メール送信 5pt(50円)
※新規登録時に100pt(1,000円分)がもらえます。
利用料金(女性) 完全無料

PCMAXは圧倒的ユーザー数を誇る、超有名出会い系サイトである。

15年の運営実績と断トツの知名度。出会い系業界のドンでありながら、女子大生から人妻まで幅広い層に支持されている。

出会い募集の書き込みが1日10万件以上。公式データからは3分に1組がマッチングしている。

アダルト掲示板では毎日割り切り募集で溢れており、即会いも簡単である。

⇒PCMAXの公式サイトはこちら
※18歳未満の利用は禁止

ハッピーメール

ハッピーメールの基本データ
会員数 1200万人以上
運営年数 15年以上
公式サイト https://happymail.co.jp
料金体系 ポイント制
登録料 男女ともに会員登録無料
料金(男性) メール受信 0pt(0円)
掲示板閲覧 1pt(10円)
メール送信 5pt(50円)
※新規登録時に120pt(1,200円分)がもらえます。
料金(女性) 完全無料

ハッピーメールは清楚系ビッチの女子大生が多く、PCMAXと合わせて抑えておきたい出会い系サイトである。

宣伝や広告にモデルを起用していることもあり、おしゃれな女性が多く集まっている。

米山新潟県知事が女子大生と個人買春として使っていたことでも話題になった。

お金でホイホイ付いてくる女性が多いため、割り切りに向いている出会い系である。

⇒ハッピーメールの公式サイトはこちら
※18歳未満の利用は禁止

ワクワクメール

ワクワクメールの基本データ
会員数 800万人以上
運営年数 13年以上
公式サイト http://550909.com
料金体系 ポイント制
登録料金 男女ともに会員登録無料
利用料金(男性) 男性:メール受信 0p(0円)
掲示板閲覧 2P(20円)
メール送信 5P(50円)
※新規登録時に100pt(1,000円分)がもらえます。
利用料金(女性) 完全無料

ワクワクメールは日本最大級のパパ活サイトとして有名である。

公式的にパパ活を認めているため、パパ活の募集書き込みで溢れている。

キラキラ系のパパ活女子と割り切りしたいなら間違いなくおすすめできる。

⇒ワクワクメールの公式サイトはこちら
※18歳未満の利用は禁止

最後に…迷ったらPCMAXを使うべし!


出会い系の初心者は、とにかくユーザー数が多く、初心者でも簡単に出会えるPCMAXをおすすめする。

すでにPCMAXを使っている人は、PCMAXをメインとして使い、サブでハッピーメールやワクワクメールも併用して使うのが賢いやり方だ。

PCMAXは今なら初回登録時に1000円分のポイントが無料でゲットできることに加え、登録してから2日間はスタートダッシュ特典と呼ばれるお得な割引サービスをやっている。

女の子と会う約束を取り付けても大事なところでポイントを切らしてしまってはもったいない。

無料ポイントだけでも出会うことは可能であるが「好みの相手をじっくり探したい」と考えているなら、ポイント購入がお得な最初に3000円分くらい購入しておくのが節約のコツである。

素人女性と割り切りしたい、セフレを見つけたい、と考えている人は一度登録して使ってみることをおすすめする。

⇒PCMAXの登録はこちら
※18歳未満の利用は禁止