本日クリスマスの夜。いまから僕は2年ぶりにセックスしてきます。

今日12月25日はクリスマスですね。そして日付をまたいだ深夜1時、僕はセックスをしてきます。

僕は今とあるネットカフェでこの記事を書いています。

そして、この記事がちょうど書きあげる時間に、僕はホテルに向かうことになります。

もともと今日クリスマスは空いていました。クリスマスに予定のない非リアらしく、さきほどJK占いに行ってきたところです。

ではなぜ急に、セックスフラグが立つ状況になったか…説明は省略しますが、とりあえず、成り行きでとある女性とセックスすることになりました。

いきなりこの記事を読んだ方は、なんだなんだ…と思うかもしれませんね。

なぜ僕がこんなことをいま書いているかというと、

「ちゃんとセックスできるかマジで不安だ」「セックスが嫌という感情を消しておきたい」「今の焦りや不安といった心情を後世に残しておきたい」

そんな気持ちから、いま勢いでこのブログを書いています。おそらく乱文になります。すみません。

なぜ普通の人はセックスで興奮できるのか?

なぜ僕がセックスするのが嫌なのか…?

いや僕からしたら、なぜセックスであれほどまで興奮できるのか?と思ってしまいます。

蔑んでみているのではなく、セックスで興奮できる男性は純粋に羨ましいです。

僕がセックスしたのはいつぶりだろうか。あまり記憶に残っていません。忘れました。

2年以上前に1回だけした記憶があります。ここ5、6年のスパンでみても、セックスしたのは2、3回程度しかなかったと思います。

僕にとってセックスはトラウマの連続でした。ぶっちゃけ僕はセックスが好きではありませんでした。

別にエッチなことが嫌いだとか、女性が嫌いだとか、そういうことわけではありません。

昔からなぜかセックスという行為自体に興奮しませんでした。

なので、AVの本番シーン、いわゆるセックスシーンは見ません。そのシーンが映るとすぐにスキップします。

なんていうか、変な言い方をすると、セックスって美しく見えないんです。

なぜほどんどのAVは、セックスシーンがついてくるのか、昔から憤りを感じていました。

たとえば、合コンとかで、いい感じの女性ができて、一夜限りの関係でホテルに行ったとしても、最後まで至らないことがほとんどです。

いやだって、興奮しないから、勃たないのです。

実際に生の女性の裸を見ると萎えてしまいます。女性の下半身を触るとかもってのほか。

挿入できたとしても途中で萎えてしまいます。バカだと思うかもしれませんが、こんなことで一時期かなり悩んでいました。

そんな悩みを打ち明けていたのが、これからセックスをする相手です。セックスがうまくいかない度に相談していました。

そして、僕が落ち込んでいるとき、その子とセックスしたことが数回ありました。

彼女はセックスの経験が豊富で、僕の性癖を理解してくれたこともあり、彼女とのセックスはなぜかうまくいきました。

ただやっぱり、セックスをすることで精神的には満たされるけど、セックス自体に肉体的な快楽がありません。

初めてセックスしようとして失敗したトラウマ

僕が童貞を卒業したのは22歳。それまで何度か未遂がありましたが、道のりは長かったです。

僕は19歳頃から、風俗には行ってましたが、セックスをしたことがありません。

風俗に通っていたといっても、セックスが好きではなかったので、ソープには行ったことはありませんでした。

手コキのようなライト風俗がメインで、その他、ピンサロやデリヘル等にも少し行く程度でした。

ただ…童貞の自分に恥ずかしさと、焦りを持っていたので、早くセックスをして童貞を卒業したい、という気持ちは心の奥に強く持っていました。

だけど、ソープといった風俗ではなく、ちゃんとした彼女とセックスをしたいと思っていました。

一番ひどかったのは、19歳の大学2年の春。とある手コキ風俗に行ったときです。

その手コキ店は派遣型です。レンタルルームに先に入り、後から女の子が入ってくるタイプです。

コンコン!

ドアをノックする音が聞こえたので、ドアを開けると、そこには容姿レベルの高い女の子でした。

いわゆる、アタリというやつでうす。内心ガッツポーズをしました。

その子はお店のホームページのランキング上位の位置していたので、ハズレではないと思っていました。

料金を支払い、さっそくプレイに入ります。手コキ店なので、オプションをつけなければ、普通の手コキで終わりです。

ただ、その子は下を向いたまま、手コキもやる気がありません。

あれ…、サービスはイマイチな子なのだろうか…そう思っていると。

「お兄さん、エッチなこと好き?」

僕の顔を見つけて聞いてきます。

「え…あぁ。まぁ。」

唐突な質問で、なんとなしな返答をしていたと思います。

「じゃあセックスは好き?」

「えっ!?」

その子にまさかのセックスを持ちかけられました。

「お金はいくら持ってる?」

マジでセックスするのか…。僕の動揺していましたが、これは千載一遇のチャンスだと感じました。

ただ、そのとき財布には2000円しか入っていませんでした。正直に2000円しか入っていないことを伝えると。

「え…うーん…。でも2000円でいいよ。」

2000円でOKをしてくれました。

「お兄さんの顔はタイプなんだよね。顔が元カレに似てるんだ。なんか小動物系だよね?前歯が出てる感じとかそっくり。」

褒められているんだか、そうじゃないんだか、よくわからない…。

その子は、バッグからゴムを取り出し、僕に付ける。

「はい。じゃあ入れていいよ。」

その子はパンツを脱いで、ベッドに寝転がり、アソコを見せてきた。

え…!どうすんのこれ?AVの本番シーンを見ない僕には、恥ずかしい話、挿れ方がわからなかった。

自分なりのイメージで挿入をチャレンジしてみるも、結局うまくできず、時間がきて終わったしまった。まったく恥ずかしい話である。

「悪い、うまくいかないんだよね」

僕はこんな言葉を言ったと思います。それは自分のプライドを保つためです。

そのとき、童貞だったから、なんてことは言えなかったです。

「自分が悪いんでしょ?」

その子はキレた感じでそういってきました。

そして、僕を残して、レンタルルームから先に出ていきました。

このときのその子のこの言葉が忘れられません。

うまくいかない、と言った僕の言葉が、その子には自分のせいにされている、と捉えてしまったみたいです。

この記憶は僕のなかでの大きなトラウマの一つです。

ソープで童貞を卒業しようとしたが…

22歳。ちゃんとした彼女ができました。

彼女ができて嬉しい半面、僕はセックスがうまくできるか、不安をとても抱えていました。

僕はこのとき思ったのです。「やはりセックスはセックスのプロに学ぶしかない。ソープに行ってセックスを学ぼう!」と。

これはネタではありません。マジで悩んで考えた末の本気の結論です。

そこで、22歳のとき初めてソープに行きました。当時は学生だったのでお金もありません。行ったお店は、1〜2万円の格安店でした。

相手の女性は僕よりもかなり年上。35歳くらいでしょうか。

結果から先いうと、そこでもセックスができませんでした。裸の女性の目の前にすると、勃たない病になっているのです。

僕はこのとき、勇気を出して初めてソープに行ったのに、ソープでも逝けないという事実にけっこうな絶望を味わいました。

ソープ行ってセックスできないとかどんだけなんだ俺ww、みたいな。

ソープでは勃たないとわかってから、教えてもらう姿勢で臨むことにしました。

「すみません、僕、童貞なので色々と教えてください。」

相手の女性は、少し驚きながらも、優しく挿入する場所やポイント、手マンのやり方を実践的に教えてもらいました。

セックスで挿入はできなかったものの、ソープで初めて手マンのやり方を覚えました。

彼女とのクリスマスに童貞を卒業する

それからというもの、僕は今まで見てこなかった本番シーンのAVや加藤鷹のセックステクニックの本を読んで勉強をします。

彼女とは付き合って6ヶ月。いまだにセックスはしていませんでいた。

彼女は僕がセックスに誘って来ないことに、不安に感じていたようでした。

「セックスは焦ることではない。身体は大事にしないといけない。」

僕は彼女にそんなことをキザっぽいセリフをかまして、デート後はそそくさと、なにごともせずに帰っていました。

さすがにこのままだと、いかんと思い、クリアスマの日にセックスをする約束をしました。

22歳のクリスマス。彼女と無事にセックスができました。

初めてのセックスは、気持ちが良かったというよりも、何か自分の中で達成した感じがしました。

ただ…彼女とのセックスには肉体的な快楽がありませんでした。

だから、月日とともに、彼女へ対する気持ちが徐々に薄れていくにしたがい、セックスをしても逝けなくなってきます。

彼女はセックスが好きだったようで、デート後はそれとなく誘ってきましたが、僕は何かしらの理由をつけてよく拒んでいました。

それがきっかけかどうかわかりませんが、2年後に彼女と別れます。

時間がきたので、今からホテルに向かいます

とりあえず、時間がきてしまったので、ここで文章をいったん終わりにします。

なんというか、この後ちゃんとセックスできるかわかない不安に駆られています。

この話の続きは、そしてこの後の結果は、また明日の朝に更新することにします!

みなさま、良いクリスマスを。

では、僕はこれから戦場に行ってまいります。Good Luck!




更新が遅くなってすみません。セックスが終わった後の話を追記します。

朝、ホテルで目覚めた僕の気持ちはブルーだった

ブゥーン…、ガタンゴトン…。

「うーん、うるさいな…」と思いながら、僕はホテルで目が覚めたました。

泊まったホテルは、道路に面していたので、車やら電車やらの音が部屋まで聞こえてくる。

部屋のなかは真っ暗。窓をあけると、外から太陽の光が差し込んでくる。

時計を見ると昼の12時過ぎ。昨晩はセックスをしました。寝たのは明け方4時過ぎだったけか。

彼女の姿はもうありません。次の日、仕事だったので明け方に帰って行きました。

ホテルのベッドで1人たたずむ僕の気持ちは、なんだかとてもブルーです。

なんというか、あらためて、わかったことがあります。

やはり…というべきか、女性の裸も見ても興奮しないし、セックスもあまりしたいと思わない、ということです。

ただ…、そう思う一方で、「今のままだといかんな」とも感じました。

今回、結果からいうと、僕はセックスをしました。中でちゃんと逝きました。

けれど、逝ったというよりも、逝かさせてもらったという感じが強いです。

セックス中、彼女は僕の気持ちを察してか、一切攻めさせてくれず、僕が防戦一方の状態でした。

「はたして僕は、彼女を満足させてあげられたのだろか?」

そんな申し訳なさ感が残りました。

彼女の裸は綺麗です。ただ、彼女の身体を見ても舞い上がることはなかった。

ただ、セックスを通じて良かったのは、人の温かみをとても感じました。

一人のオナニーだと、いわば自己満なので、自分が興奮するポイントをただなぞるだけ。

しかし、セックスでは相手がいます。身体全身を使うので、体力も必要です。

久々に相手のことを考えながら、相手の肌の温もりを感じ、汗をかきながら、僕は逝きました。

また、セックスをすることで、人としての承認欲求も満たされた感じがします。

僕に対して、「おっぱいを触らせてくれた」「裸を見せてくれた」「身体を許してくれた」という関係そのものに嬉しさを感じました。

なので、セックスをすることで、視覚や肉体的興奮はあまりないけれど、精神的な充足感がありました。

僕はセックスが終わった後、彼女にこうお礼を言った。

「いまの気持ちを言葉で表現するのは難しいけど、…ありがとう。本当に」

「え、どしたの?いきなり?」

彼女は首をかしげながら、よくわからない、といった顔をしていた。

僕が落ち込まないように、あえてとぼけた顔をしていたのかもしれない。本当のところはわからない。

「いつか彼女を満足させられるように…」

僕はそう思うのだった。

おすすめ特集記事

JKの援交募集があるヤバイ神待ち掲示板を調べてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。