まだあったのか!JKコミュ「新大阪女子高校」の裏オプが違法すぎる

先月、友人と大阪に2泊3日で遊びに行ってきた。

それなりに大阪を満喫し、東京に帰る最終日。新大阪に現役JKが性的サービスをしてくれるヤバイ店があるという情報を仕入れた。

本当に現役JKだったら確かにヤバイ。せっかく大阪に来たので、最後にその真相を調べてみることにした。

現役JKがカウンセリングしてくれる!?

ヤバイ店というのは「新大阪女子高校」という店らしい。ん?高校なのか?ホームページを見てみると、「学生カウンセラーによるアンチエイジング 新大阪女子高校!」と書かれている。

おそらくこの店は、JKコミュ(JKコミュニケーション)と呼ばれるJK店の一種で、現役JKとのおしゃべりをサービスにしているんだろう。

ホームページの内容はマジメそうだけど…

さらに、ホームページを読んでみると、こう書かれていた。

  • 15歳~19歳の女子高生が親身をもって悩み事、困りごとの相談にのります。
  • お好みの学生カウンセラーをマジックミラーでご指名いただきます。
  • 女子高生のピュアな視点でカウンセリングしますので、今まで気づかなかった自分が見えてくるかも知れません。

なんだこれは。女子高生によるカウンセリングという名目で営業しているようだ。JKカウンセリングとでもいうべきか。

在籍リストを見ると、16歳、17歳と書かれた女の子が顔写真つきで紹介されている。JKリフレの情報誌として有名な「もえなび」にも登録しているようだ。

昨今の規制強化の影響で、現役JKを雇うことができなくなったJKリフレ界隈は、「オーバー」と呼ばれる18歳以上の女の子しかいない。もう「アンダー」と呼ばれる18歳未満のJKを雇う店は壊滅しつつあると言われている。

そんなリスクの高い営業をしている店がまだあったのか。注意事項には「当店は性風俗店ではございません。」とご丁寧に記載しているが…いかほどだろうか。

現役JKに性的サービスをさせていたらマジで危険!

違法店や裏オプ店は、表向きには「まっとうに営業してます」と真面目なポーズを示しつつ、実態は「それとはまったく異なる」というケースがほとんどだ。さらさら信用することはできない。

裏オプ店の性的サービスといえど、その店が風営法の届け出を出し、法律や条例で決められた範囲の営業をしていれば問題ない。ただし、アンダーの裏オプ店なると話は別。危険度は一気に上振れする。

アンダーに対し、淫らな行為をしてしまうと、斡旋した店側だけでなく、利用した客も罪に問われることになる。児童ポルノ天国だと諸外国から揶揄される日本は、そういった「負のイメージ」の払拭をはかるため、児童売春の撲滅にかなり力を入れているのだ。

しかし、この国の政策および警察のやってきたことは、あきらかに間違っている。このことは、このブログでも散々述べてきたが、今回はその話を置いておくとして、ここで僕が強調しておきたかったのは、今回行く店は「とにかく危険度の高い店」ということだ。

この危険な臭いのする店の実態を探るため、実際に足を運んでみることにした。

目的の場所を目指し、怪しいマンションへ

2016-04-24 13.12.32

場所は新大阪駅東口から徒歩1分。「ビジネス新大阪」というマンションの一室にこの店はあるらしい。

こんなところに本当にアンダーがいるのだろうか。そう思いながら、新大阪駅の東口を出て、Googleマップを頼りに、目的地へと向かう。

2016-04-24 13.59.12

2016-04-24 13.59.14

目的の場所は意外とすぐに見つかった。真下から上を見上げると、服が干してある部屋がポツリ…。

若干の生活感が漂うものの、どちらかというと「怪しい雑居ビル」という印象を受ける。一応ここは「マンション」らしいが…。

いかがわしい雰囲気がするマンションなだけに、さすがに緊張してきた。けれど、こんなところで立ち止まっていると、不審者だと思われかねないので、マンションの中にそそくさと入ることにする。

同じ階にカウンセリングが2つあってややこしい

2016-04-24 13.58.07

マンション入ってすぐのところにあった表札をみると、どうやら目的の店は5階にあるようだ。エレベーターで5階まで上がると、目の前の掲示板に張り紙が貼ってある。

「心の相談ルーム」とは目的の店のことだろう。張り紙に従い、その部屋へと向かう。

2016-04-24 13.25.48

部屋の目の前に着いた。そして、意を決して、ベルを鳴らす。反応がなかったので、ドアを開けて中を覗くと、小綺麗な部屋で誰かと面会しているおじさんと目があった。あれ…?

僕が何かを言わんとする前に、向こうが察して答えてくれた。

「ここは違いますよ。」

どうやらここは本当のカウンセリング室だったらしい。なんと、同じ階にカウンセリングが2つもあるというこか。これはややこしい。

僕が今から行こうとしているのは「ちゃんとした」方ではなく「いかがわしい」方のカンセリングである。間違えて入ってしまう人が多いらしく「いかがわしい」方のカウンセリング、すなわち「新大阪女子学校」への苦情が多発しているとか。すみません。

ついに「新大阪女子高校」を発見!

2016-04-24 13.21.15

そもそも目的の店の名前は「新大阪女子高校」だったよな。変な緊張感からか、すっかりと店の名前を忘れていた。気を取り直して、5階フロアをまわる。

と、そのとき制服姿の若い女の子とすれ違った。「ん?」と後ろを振り返ると、その子はドアを開けてとある部屋の中へと消えていく。

おそらく、店の女の子だろう。そして、まさかカウンセリングを行う場所は、受付の部屋とはまったく別の部屋で行われているというのか。

女の子が通ってきたところの先を見ると、「新大阪女子高校」と書かれた看板が見える。503号室。この部屋が目的の店か。

ドアは開いていたので、中に入ると、50歳過ぎのおじさんがいた。おそらく、この人がこの店の店長だと思われる。僕は初めて来たこと伝える。

「何でウチの店を知りました?」
「もえなびです。」

とテキトーに答えると、店長は無愛想ながらコース料金の説明をしてくれる。僕は一番安い30分コースを選んだ。女の子はミラー越しに見てから指名できるとのこと。

料金を支払うと、店長は女の子が待機する部屋のカーテンを開け、その部屋の中を覗ける小窓を見せてくれる。中には制服姿の女の子が3人いた。

そして、店長がその部屋のドアを「ドンドン」と叩く。そうすると、その部屋で待機している女の子たちが餌付けされた動物のように一斉に小窓の方を向く。

なるほど。こうやって客に待機する女の子の顔を見せる仕組みなわけか。僕はそのうちの1人の女の子を指名することにした。

「では、5階の◯号室に行ってください。すぐに女の子がそこに向かいます。」

やはり、女の子からのカウンセリングを受ける場所は、ここではなく、他の部屋に移動するようだ。こういった女の子の派遣型タイプは、店長の監視が必然的になくなるため、裏オプが横行されやすい。

女の子と対面!年齢は17歳の高校3年生!

2016-04-24 13.57.48

言われた番号の部屋に向かい、そこのドアを開ける。中は生活感がまるでない無機質な部屋だった。テレビとソファが置いてはあるものの、もぬけの殻のようなところだ。

ドアのノック音が聞こえる。「はい」と返事をすると、さきほど指名した女の子がこの部屋に入ってきた。

「あっ、靴は脱がなくていいよ。」

カーペットのようなものが敷かれていたので、僕は靴を脱いでいたが、ここは土足で上がって良かったらしい。

「あれ?そういえば、この部屋って鍵がないの?」
鍵は社長(店長)がぶち壊したんだよね。前にね、お客さんが鍵を締めたまま監禁しちゃったことがあってさ。」

なんか今、ものすごいことをさらりと言っていたのは気がせいか…?

この子は17歳の高校3年生のMちゃん(イニシャルも仮名)。学校に通いながら、ここで働いているらしい。ガチの現役JKではないか。

現役JKが裏オプをしている

Mちゃんから聞いたここのお店の情報を簡単にまとめる。

  • 普段は10人くらいの女の子が出勤している (今日は少なかったらしい)
  • 在籍する女の子は16歳〜20歳くらい (全員が現役JKというわけではない)
  • 性的なサービスをやる女の子はいる (中には本番をやる子もいるとか)
  • 店長はこのマンションの部屋をいくつも借りて、そこをカウンセリングルームとしている (5階に5部屋、6、7階にも1部屋あるとか)
「この店は現役がいるのによく潰れないね?」
「日本橋はもう壊滅状態だけどね。でもここは大丈夫。何度も摘発されそうになったけど、今まで大丈夫だったから。ここは新大阪だし、カウンセリングだしね。

Mちゃんは自信ありげにそうきっぱりと答えてくれる。ぜんぜん大丈夫な気はしなかったが…。

それにしても、このMちゃんはトーク力が高く、1を聞くと10を返す勢いで話してくれる。そして、このコテコテの関西弁を聞くとなんだか和む。

「よくやるオプションはハグや膝枕が多いかな。手でしたりとかもしてたんだけど、今はもうやってないかな」
「え?手コキってこと?」
「うん。今は好きな人ができたからやってない。その人がそういうの嫌いでさ。もちろんやってもバレないけど、なんか罪悪感があって。」
「なるほど。そのときは稼げてた?」
「裏オプやってたときは一日7、8万くらい稼いでた。今は2万くらいかな〜。稼げないときは3000円とかもあるよ。」

今は裏オプを自主規制しているものの、ちょっと前までは、裏オプの手コキで相当稼いでいたらしい。

裏オプで最後までやる子もいる

「他の女の子も裏オプやってるの?」
「そういう話って女の子同士でしないからわからないんだけど、お客さんからこの子はこんなことしてくれたって話を聞くんだよね。」
「こんなことってどこまで?」
「私は手までしかしないけど、中には最後までやってる子とかもいるらしいよ。」

やはりそうか。というか、女の子とこんな密室空間を提供している時点で、店側はなんでもやってくれ、とでも言わんばかりだ。

「お兄さん、若そうだね。昔は30代、40代の人が多かったんだけど、最近は20代の若い人も多いよ。
「へぇ。それはなんでだろう?」
「うーん。友達に勧められて来るって人も多いみたいだけど。」

秋葉原や大阪の日本橋ようなオタク文化の根付いた街であれば、比較的入りやすいと思うけど、こんな怪しいマンションまでよく来れるなぁと思ってしまう。

最後に

新大阪駅前のマンションで現役JKが性的なサービスをやっているようとは、新幹線に乗るために新大阪にやってきた人たちにとっては思いもよらない話だろう。

未成年に性的なことをして、見つかれば客側も罰せられる。行ってみたいと思っている人は、くれぐれも「自己責任」なので注意して欲しい。

【追記 2016/09/08】
この店の経営者が児童福祉法違反の容疑で逮捕されたようです。「全然違う」と容疑を否認してるらしいが…。

ここのシステムの説明を受けたときは、裏オプションと呼ばれる性的サービスの話は無かったので、裏オプションはあくまでも女の子と客との個人間で発生している。なので、児童買春の斡旋に自覚的だったかどうかが争点ですね。(知らなかった…ということはないだろうけど)

ちなみに、現在は「女子校ナウ!」と名前を変えて運営しているようです。(アンダーの有無は不明です。)

おすすめ特集記事

JKの援交募集があるヤバイ神待ち掲示板を調べてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。