出会い系の援交・割り切りの相場は?条件や年齢で変わってくる

出会い系での援交や割り切りは、1万〜3万がおおむねの相場である。

ただし、プレイ条件や年齢、地域によっても相場が変わってくるので、そのあたりも含めて、それぞれの相場を抑えておくとよい。

そこで今回は、出会い系初心者の人のために、援交・割り切りの相場を紹介しよう。

なお援交や割り切りなどの個人売春は、18歳以上の男女は法律上、処罰の対象にはならないが、18歳未満の場合は処罰の対象なので注意すること。

プレイ別の援交・割り切り相場

主なプレイ条件における援交・割り切りの相場は以下のとおりだ。

手コキ 5千円 〜 1万円
フェラ 5千円 〜 1万円
セックス(ゴムあり) 1万5千円 〜 3万円
セックス(ゴムなし) 2万5千円 〜 4万円
ハメ撮りセックス 2万5千円 〜 4万円

相手も素人なので、交渉次第では値下げに応じてくれる。

特に昼間の時間帯など、買う男性側が少ないと金額が下がりやすい。

地方によっても相場が若干異なり、東京都内だと2万、北海道や沖縄など地方だと1万5千が相場となる。

年齢別のセックス相場(ゴムあり)

もちろん年齢によっても相場が異なる。

各年齢におけるセックスの相場は以下のとおりだ。

18歳,19歳 2万円 〜 3万円
20代前半 2万円 〜 3万円
20代後半 1万5千円 〜 2万5千円
30代 1万5千円 〜 2万円
40代 1万5千円 〜 2万円

需要と供給のバランスもあるが、若い女性ほど高値で売っている

また見た目に自信のある女性は、多少年齢が上でも高値で売る傾向がある。

売る女性は20代が圧倒的に多いが、30代、40代以上もちらほらと見かける。50代以上はあまり見ない。

なお、JKやJCは相場が3万〜5万と跳ね上がるのだが、18歳未満の性行為は犯罪なので絶対に行わないこと。

援交・割り切りの条件交渉のポイント

後々のトラブルにならないよう、以下は気にしておきたいポイントだ。

  • 交通費
  • ホテル代
  • 生あり/なし
  • ハメ撮りあり/なし
  • 拘束時間

交通費は待ち合わせ場所が遠いと後から請求される場合がある。相手の最寄り駅を考慮して、待ち合わせ場所を決めるとよい。

ホテル代は男性側が基本的に負担することになる

出会い系には「ホ別イチゴ」という「ホテル代は別で1万5千」を意味する隠語があり、ホテル代は別と女性側が明記していることも多い。

しかし明記していないケースも多く、何も書かれていなかったら基本的に男性負担が暗黙の了解となっている。

ホテル代をケチってカラオケやネットカフェをプレイ場所にする人もいるが、バレた場合に店の迷惑となるので控えたほうがよい。

またプチ援交(手コキやフェラ)の場合は、サクッと車内で済ませてしまう人も多い。

ゴムなしの生本番やハメ撮りセックスをしたい場合には、事前にその旨の条件で交渉をしておくほうがよい

ハメ撮りは嫌がる女性も多いので、撮影を希望する際は必ず本人の了承を得るようにすること。

だいたいの拘束時間は2時間が目安。車内で30分くらいでサクッと抜く場合には値引き交渉の材料となる。

最後に

今回は出会い系の援交・割り切りの相場を紹介した。

相場は1万〜3万の範囲の中で、プレイや年齢、地域によって変わってくる。

基準として覚えておくと良いのが、都内近郊で20代女性とのセックスは2万が出会い系での平均額であることだ。

男性は高値で買わされないように、女性は安値で売り過ぎないように、この相場を抑えておくとよいだろう。

おすすめ特集記事

出会い系で割り切り募集する素人女性とセックスする方法を解説する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。