個人売春は違法?合法?売春防止法について解説する

個人売春って違法なの?合法なの?

売春防止法で処罰されるのはどんなケース?

売春自体がグレーなので、こんな疑問を持つ人は多いのではないだろうか。

売春防止法では個人売春は厳密には違法ではあるが処罰がなく、売春を斡旋する業者が処罰の対象となる。

今回はそんな売春防止法を正しく理解するうえでのポイントとグレーゾーンについて詳しく解説しよう。

売春防止法とは?

個人売春は処罰の対象ではない

売春防止法とは売春を防止する法律である。

法律上の売春とは「対償(お金や物品)を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交(本番行為)すること」と定義されている。

お金や物品を受け取らなかった場合は売春に当たらないし、結婚相手や恋人、愛人といった特定の相手(不特定の相手ではない)の場合も売春には当たらない。

また売春防止法の「性交」とは挿入行為を指す。そのため手コキやフェラなどの挿入なし場合も売春には当たらない。

ようするに、いろんな人からお金をもらってエッチ(本番行為)することが禁じられているわけだ。

ただし、身体を売る側(女性)も買う側(男性)も逮捕・処罰されることはない。

これは個人売春(単純売春)といって、 お互いが18歳以上で合意のもと売春が行われた場合は、売春防止法には抵触するものの、処罰されることがないのだ。

そもそも個人売春と自由恋愛は紙一重である。

個人売春を処罰の対象にすると、たとえば恋愛感情を抱く女性に食事をおごったり、プレゼントを渡したりして、その後、お互い好きになってエッチした場合でも売春防止法に抵触してしまうことになる。

【注意事項】
18歳未満の少女を売春した場合は、買う側(男性)が児童買春で刑罰されるので注意されたし。

管理売春が処罰の対象となる

処罰の対象となるのは、売春の仲介や斡旋、場所の提供などの管理売春をした者、買う側を勧誘して売春を助長した者である

もともと売春防止法が作られた目的は、売春を助長する行為を処罰し、売春を行う女性を保護するためだ。

売春防止法が制定された1956年(昭和31年)は、終戦後の混乱から抜け出して、これから高度経済成長期が始ろうとしていた時期。

貧困などの事情により売春婦も多く、売春自体を禁止しては彼女たちの生活を苦しめてしまうため、個人売春は処罰の対象から除外。

そして悪質な環境下で売春婦を働かせないよう、管理売春を行う業者を処罰の対象とした。

ようするに、売春防止法とは個人間の売春を処罰するものではなく、売春で金儲けしてやろうと考える悪徳業者から女性を守るための法律である。

【ポイント】

  • 売春は違法であるが売る側(女性)と買う側(男性)の個人売春(単純売春)は処罰されない
  • 売る側(女性)と買う側(男性)に対して売春を助長、斡旋した者は管理売春として処罰される

ちなみにデリヘルやピンサロなど風俗店が客に対して本番行為を強く禁止しているのは管理売春に引っかからないようにするため。

客と嬢のあいだで本番行為があった場合、売春の斡旋として逮捕されるのは店の経営者になってしまうからだ。

売春防止法のグレーゾーンは黙認されている

世の中には売春防止法の管理売春に抵触するようなグレーゾーンがたくさんある。

  • 出会い系サイト
  • 出会い系喫茶
  • デートクラブ
  • ソープランド
  • AV

これらを売春防止法を適用して、検挙するかどうかは警察の裁量に任せられている。

現状としては、売春によって性犯罪が減るという必要悪の考え方もあり、度を越した売春営業や世間の売春に対する批判や風潮がないかぎり黙認されている。

出会い系サイトの売春事情

出会い系サイトは個人売春の温床になっていることが多い。

出会い系サイトの運営はあくまでも男女の出会いを提供しているに過ぎず、出会ってから何をしたかまでは関与していない。

掲示板では「ホ別イチゴ(ホテル代別で1万500円)」といった隠語でやり取りが行われている。

出会い喫茶の売春事情

出会い喫茶も個人売春の温床となっていることが多い。

出会い喫茶では出会い系サイトと同様に、男女の出会いを提供するという建前で営業しているが、ここに来る男性のほとんどは女性を買いに来ているし、女性は身体を売りに来ている。

出会い喫茶の中にあるトークルームと呼ばれる個室で売春交渉が行われている。

デートクラブの売春事情

デートクラブは別名「売春クラブ」とも呼ばれていて、デートの延長上に売春交渉が行われることがある。

デートクラブではデートのセッティングまではするが、その後は男女の恋愛なのでご自由に、というのが店側のスタンスである。

女性と食事が終わった後にホテルへ誘おうとすると、お手当(お金)をもらえればOKよ、とここで売春交渉となる。

ソープランドの売春事情

ソープランドは本番サービスのある風俗として一般的に知られている。

デートクラブと同様に、浴場の中で身体洗いの女性と客とのあいだでは、自由恋愛に陥りセックスに発展することもありえるし、そこは個人の自由恋愛というのが建前となっている。

ただし、過度な店員の勧誘を理由に売春防止法違反で摘発されるケースはある。

AVの売春事情

本番シーンを販売しているAV業界もグレーである。

制作メーカーがAV女優と男優にセックスさせているのだから、売春防止法に抵触しているように思えるが、実はAVの挿入シーンは挿入していないことになっている。

挿入していないから違法ではない、というのが制作メーカーの言い分である。

つまりモザイクの向こう側はどうなっているのか誰にもわからない、ということだ。

まとめ

さて、いかがだったであろうか。

売春は人類最古の職業で世界的に売春を合法化している国も多い。

日本では売春防止法がザル法とも呼ばれていて、法律に触れていそうだが、グレーとして黙認されることが多い。

今回の売春防止法の要点をまとめると以下のとおりだ。

  • 売春防止法は貧困女性を保護する目的として作られた法律である
  • 個人売春(単純売春)は処罰されないが、売春を斡旋する業者が管理売春として処罰される
  • 管理売春に抵触するグレーは世の中にたくさんあるが、悪質な売春営業でないかぎり警察は黙認している

売春防止法を正しく理解し、処罰の対象となる行為にはリスクがあることを心得ておこう。

セフレ、愛人、援交、割り切り…そんな出会いを探すなら

出会い系は本当にエロい子と出会える?専門家が初心者向けにガチ解説

刺激的でエロい出会いを求めるなら、出会い系が今かなりアツい。

セフレ、愛人、援交、割り切り、パパ活…そんな募集が大量に書き込まれている。掲示板やコメントを見るかぎり、1日1万件以上は少なくとも出会いが成立している。

そもそも「出会い系ってサクラばかりだろ」と思った人は時代遅れだ。安全な優良出会い系を使えば、誰でも確実に出会える。今はそれくらい素人女子が急増している。

最近の出会い系の動向は以下記事に書いたので、出会い系に興味があれば、ぜひ読んでみてほしい。

\管理人おすすめ出会い系/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

僕が実際に色々な出会い系を使ってきたなかで、アダルトな出会いなら「PCMAX」が一番おすすめだ。

ユーザー数が1000万人と他と比べて圧倒的。断トツでエッチな子と出会いやすい。エロ業界では有名な出会い系だ。

PCMAXの登録は無料なので、アングラな世界に興味があれば、一度覗いてみると面白い。お金と欲望が入り乱れる日本の闇を垣間みれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。