少子化問題を加速させる『VR技術』が描くアダルトの世界!

最近ニュースでVRという言葉をよく耳にするようになりました。今年2016年は、VR元年と呼ばれています。

VR技術の進歩は、アダルト業界…いうなれば人のオナニーにブレイクスルーをもたらすと僕は思っています。

今回は近い将来、そんなスゴい世界が間近まで来ている、という話と、その影響を受けるであろう少子化問題について書こうと思います。

そもそもVRとは何か

http://www.roadtovr.com/

http://www.roadtovr.com/

VRはバーチャルリアリティの略です。コンピューターが作り出した仮想世界を人に知覚させるITの要素技術です。

VRを表現するには以下の3要素が必要です。

  • 3次元の空間性
  • 実時間の相互作用性
  • 自己投影性

これら3つの要素をすべて満たしたものが、一般的にVRと言われています。

3次元の空間性

「3次元の空間性」とは、仮想世界のベースとなる立体的に描画された3次元空間のことです。最近の洋ゲーは、建物や景色などの3次元グラフィックスがスゴい綺麗ですよね。

実時間の相互作用性

「実時間の相互作用性」とは、人とコンピューターのインタラクティブ性のことです。自分が動くとキャラクターが動く、手でモノに触れるとその感覚が伝わってくる、といった人の動作と合わせて、仮想世界がリアルタイムに作用することです。

自己投影性

「自己投影性」とは、仮想世界への没入感のことです。仮想世界に入り込んだ状態になれるか、現実世界と同じような感覚をもたらすことができるかどうかです。

VRに興味を持ったきっかけ

15565155

僕は昔やっていた「.hack」というアニメやゲームの仮想世界という設定が好きでした。現実世界からゲームの中の仮想世界に入り込む話です。最近のアニメでいうと「ソードアート・オンライン」が近いですね。

それがきっかけでもあり、大学時代はVRの学問を少しだけかじっていて、VR学会に参加したり、VR系の論文誌をよく読んでいました。でも当時は、「.hack」のような仮想世界とはほど遠く、まだまだ雲の上のような話だと思っていました。

VRの研究で使われる機材はバカ高く、VRを体験するには、何百万とする重たい装置を頭や手足に装着しなくてはいけません。手軽にVRを楽しめる時代になったのは、ホント最近の話だと思います。

HMDが安くなってきた

http://hacosco.com/

http://hacosco.com/

ちょうど2、3年くらい前から、IT系のイベントで、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使ったVR体験コーナーを見かけるようになりました。

その頃でも、HMDは20〜30万くらいするので、個人で楽しむためにはまだ手が出せる価格帯ではなかったです。

最近は、そこそこハイエンドのHMDでも、5万程度で購入できる価格帯まで下がってきました。また、PSVRの登場で、VRブームが一気に加速すると思います。

エントリーモデルのHMDには、「ハコスコ」といったダンボール型のHMDがあります。これはAmazonなどで1000円くらいで売られていて、VRを手軽に体験することができます。

このように、HMDが安くなってきたおかげで、VRがかなり身近な存在になってきています。

VRが流行ると確信した「なごみの耳かき」というアプリ

http://www.dlsite.com/vr/nagomi/

http://www.dlsite.com/vr/nagomi/

このあいだ、ハコスコを買ってみて、DLsiteの提供している「なごみの耳かき」という無料のVRアプリをやってみました。コレ、僕の中でけっこう衝撃を受けました。

これは4月のニコニコ超会議で披露されていたもので、女の子のキャラクターに耳かきをしてもらえる癒し系のVRアプリです。

スマホの角度に合わせてキャラクターが反応をする、という単純なアプリなのですが、なかなかこれがよくできています。

実際に寝っ転がる位置と目線が重要で、適切な向きで寝っ転がらないと、耳かきをしてもらえず、女の子に怒られてしまいます。

ハコスコで現実世界の視界が遮られるので、没入感がスゴいあります。これをもっと作りこんだコンテンツが世に出れば、VRが一気に流行ると確信したくらいです。

VRとアダルトコンテンツの可能性

http://www.dmm.co.jp/digital/vr/

http://www.dmm.co.jp/digital/vr/

VR技術は日常では体験できない「非日常を体験」できることがスゴいところです。これは人の性的な妄想を仮想的に体験できるアダルトと相性が良いわけです。

今あるアダルト系のVRは、自由視点がメインです。HMDを装着して映像を見ると、正面にいる女性を自由な視点や角度で見ることができます。

DMMが提供しているVR動画βは、ぐるりと視点を大きく変えると、部屋全体が見えたり、他の女性が見えたり、と自由に周りを見渡すことができ、その場にいるような臨場感を味わうことができます。

昨今のアダルトVR業界は、視点の自由だけでなく、触覚へ刺激するデバイスの開発を盛んに行われています。

たとえば、「女性の映像と連動して自動的にテンガが動く」「装置を触るとおっぱいを触った感触を楽しめる」といった触覚デバイスが開発されているようです。

今までモニター越しで見ていたものが、さも自分が体験しているような世界がきます。視覚からの刺激だけでなく、近い将来、人の五感をフルに刺激するようなアダルトコンテンツが登場するはずです。

これは本当にオナニーの革命といえます。VRでセックスの疑似体験ができる時代もそう遠くないかもしれません。

VRの普及と少子化問題

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/

VRがアダルト業界に普及する話と、少子化問題の話は切り離せません。

今の政府は少子化対策として、子育て支援や女性の働き方を改善するような政策に力を入れています。もちろんそういった取り組みも重要ですが、若者の恋愛離れも重要視すべきです。

内閣府が公表しているレポートによると、未婚男女の結婚しない理由は「適当な相手にめぐり合わないから」が最も多いというアンケート結果が得られています。

このレポートには、その理由の分析が掘り下げていませんでしたが、そもそも結婚以前に、異性との付き合う男女が昔に比べて減っていると思います。

ブライダル総研の2014年の調査データによると、20代男性のうち、付き合ったことがない人が41.6%います。

この年代のデータしかないので、過去と比較はできませんが、この数字はかなり高いですよね。恋人がいない理由は、結婚しない理由と似ていて、「出会いがないから」が最も多いという結果が出ています。

いや出会いの場は、むしろ昔よりも増えているはずです。ネットの普及により、SNSでの出会いも増えていますし、街コンやお見合いパーティといった出会い系イベントは増えています。

これは「出会いがない」というよりも、昔に比べて積極的に出会おうとしていないだけです。それは無料で見れるアダルト動画が増えたおかげで、生身の女性を相手にしなくても、簡単に性欲が満たせてしまうからです。

また、VRとAI(人口知能)が組み合わされば、バーチャル彼女も登場するでしょう。性的な欲求だけでなく、人から愛されたい、という承認欲求までもコンピューターで満たされる時代になったら、ますます若者の恋愛離れは深刻になるはずです。

今後は、意中の相手を落としたいと考える男性も女性も、アダルト動画に出ている異性、ひいてはVRに登場するキャラクターが恋敵のライバルになります。

VRのアダルトコンテンツが進歩することで、ますます人はコンピューターを愛し、欲情し、生身の人間を相手にする必要性が薄れてきます。

VRは人類滅亡の危機というと大げさですが、今後の少子化問題に大きな影響を及ぼすはずです。

最後に

2016-06-12 13.42.27

最新のVR×アダルトを体験してこようと、6月12日に秋葉原で開催された「アダルトVRフェスタ」に行ってきました。が、運営側が想定した以上の人が殺到したようで、会場に入ることすらできませんでした…。

このイベントのドタバタ模様は、一緒に行ったEGweb管理人である江川さんのレポート記事に載っています。

詳しくは、アキバが「戦場」と化した日…日本初の“エロ仮想現実”体験イベント、『アダルトVRフェスタ01』敗戦記をぜひともご覧ください。

かなり気になっていたイベントだったので、このイベントに参加できた人が羨ましいです。

そして、アダルトVRの注目度がかなり高い…ということがわかりました。VRがアダルトを席巻する時代が楽しみですね。

おすすめ特集記事

パパ活女子を狙え!清楚系素人のセフレ・愛人が作れる神サイト3選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。