18歳女子高生(JK)との援交やセックスは犯罪?合法?

女子高生と援交して、児童買春や淫行条例違反で逮捕されるニュースを多く見かける。

とはいっても、高校3年生が誕生日を迎えると18歳。青少年や児童の定義である18歳未満から外れるため、児童買春や淫行条例には該当しない年齢だ。

じゃあ18歳の女子高生と援交した場合は犯罪になるのか?

そんな疑問を持つ男性も多くいるのではないだろうか。

結論からいうと、18歳の女子高生であれば援交(お金を渡してセックス)しても逮捕されることはない。

今回は法律や条例に触れながら、どんなケースで女子高生と援交した場合に逮捕・処罰されるのかを解説しよう。

18歳女子高生とセックスしても捕まらない

18歳の女子高生(高校3年生)の場合は、プチ援交(お金を渡して手コキやフェラ)援交(セックス)をしても逮捕、処罰されることはない。

重要なのは年齢である。18歳であれば在学中の女子高生であっても、日本の法律や条例では、青少年や児童として扱われない。

児童買春や淫行に関する法律や条例は以下の通り。

  • 児童買春罪(児童買春・児童ポルノ禁止法)
  • 児童福祉法
  • 淫行条例(青少年保護育成条例)

これらの法律や条例では、18歳未満の青少年や児童と記載されているが「高校生」とは記載されていない

つまり、18歳以上か未満かが重要であって、学生かどうかは関係がない。

児童買春や援交に関する法律や条例

さて次は法律や条例を少しみていこう。

さきほどの通り、児童買春や援交に関する法律や条例は以下3つある。

  • 児童買春罪(児童買春・児童ポルノ禁止法)
  • 児童福祉法
  • 淫行条例(青少年保護育成条例)

なお、これらは18歳未満の保護が目的のため、18歳未満同士のセックスでは適用されない。

児童買春罪 (児童買春・児童ポルノ禁止法)

【児童買春罪】

  • 【内容】児童に金銭や対価を払い、性行為等の禁止
  • 【処罰】5年以下の懲役又は300万以下の罰金

児童買春罪は児童買春・児童ポルノ禁止法の中に含まれる児童(18歳未満)の人権を守る法律である。

児童買春罪で違反となるのは18歳未満に対してお金を払って性交等を行うこと

性交等とは、セックスだけでなく、手コキやフェラといった性交類似行為も含まれる。

ようするに、18歳未満の少女をお金で買って、エッチなことをしてはいけない、ということだ。

児童福祉法

【児童福祉法】

  • 【内容】児童と淫行する行為を禁止
  • 【処罰】10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金

児童福祉法は児童(18歳未満)の健全な育成を目的とする法律である。

児童福祉法で違反となるのは、18歳未満と淫行をすること。

ちなみに、淫行とは最高裁の判断では以下の通り定義している。

  • 青少年を誘惑し、威迫(いはく)し、欺罔(ぎもう)し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為
  • 青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為

定義に記載されている性交類似行為とは、手コキやフェラ、素股といった行為のこと。淫行はセックス以外の場合でも当てはまる。

ようするに、自らの性的欲望のため、18歳未満の少女とエッチなことをしてはいけないということだ。

児童福祉法は児童買春罪と違い、金銭のやり取りがなくても成立する。

淫行条例(青少年保護育成条例)

【淫行条例】

  • 【内容】青少年とのみだらな性行為、わいせつな行為等の禁止
  • 【処罰】2年以下の懲役または100万円以下の罰金 ※各都道府県で若干異なる

淫行条例とは青少年保護育成条例の中に含まれる淫行に関する部分をそう呼ぶ。

青少年保護育成条例とは、青少年(18歳未満)の保護育成を目的として地方自治体で交付された条例である。

淫行条例で違反となるのは、18歳未満とセックスや淫行、わいせつな行為をすること

児童福祉法と違い、わいせつな行為も違反に含まれているため、適用範囲が広い。

そのため、身体を触って性的ないたずらをしたり、チンコを見せつける露出行為も処罰の対象となる。

また児童福祉法と淫行条例は法律競合にあたり、児童福祉法違反が成立する場合には、淫行条例違反は成立しない。

どんな場合に女子高生と援交したら犯罪になるの?

女子高生とエッチしても犯罪になる場合と合法の場合がある。

いくつかの例を用意したので、ケーススタディで説明しよう。

ケース① 17歳の高校中退した女友達にタダで手コキしてもらった

この場合は児童福祉法や淫行条例でアウト。

17歳少女と友達関係の場合は、児童福祉法が適用できるかは微妙だが、淫行条例は確実に引っかかる。

また手コキじゃなくても、お尻を触ったり、胸を触ったり、わいせつな行為をした時点で淫行条例に引っかかる。

相手の少女が高校在学中であろうが、高校中退であろうが、学生かどうかは関係ない。

18歳未満の場合は処罰の対象となる。

またお金を渡した場合は、児童買春罪もくっついてくるため、さらに罪が重くなる。

ケース② 17歳の女子高生と真剣交際してからエッチした

親公認の真剣交際であれば問題ない。法律上も女性は16歳から結婚できる。

エッチ目的か真剣交際か、線を引くのは難しいが、もし裁判になった場合はかなり細かい点がチェックされる

判例上では、交際に至るまでの経緯や期間、性交の頻度、保護者への挨拶等など様々な事情を考慮して判断されている。

これらの行動から自らの性的欲望を満足させる対象として相手をみていた場合は罪に問われる。

なので、タダマン狙いで18歳未満の女子高生とエッチした場合「いや真剣交際だったんですよ」と後から主張しても、それまでの行動から確実にアウトと判断される。

なお、13歳未満の場合は同意があっても強姦罪になる。

ケース③ 18歳女子高生にお金を渡してエッチした

これは何度も書いているとおり、問題ない。

18歳以上なので、児童買春、淫行条例、福祉児童法には該当しないからだ。

これらの法律や条例には、18歳未満が違法であって「学生」を区分していない。

18歳未満の少女との援交は児童買春罪で犯罪となるが、18歳以上の場合は個人売春という扱いとなる。

個人売春は売春防止法に抵触するが、処罰の対象ではない

売春防止法で処罰されるのは売春を斡旋する業者側。18歳以上の男女は自らの意思で身体を買ったり売ったりすることは許されている。

なぜ女子高生との援交がバレるのか?

18歳未満の少女との援交が警察にバレるのは、保護者の通報や女子高生の補導からだ。

援交する子はもともとの素行が悪いため、警察のサイバー補導や夜間の補導に引っかかることが多く、LINEやTwitterのDM履歴から芋づる式にバレてしまう。

ようするに、自分がいくら危機管理していようが相手側からバレることがほとんどなのだ

また違法JK店が摘発された場合には、電話番号等の名簿帳から利用者に捜査が入ることもある。

2017年以降、女子高生が在籍する風俗店やJKリフレ店はほぼ摘発されたが、怪しい店があったら注意してほしい。

最後に

さて、いかがだったであろうか。

今回はどんなケースで女子高生と援交した場合に罪に問われるのかを解説した。

18歳高校生と援交した場合は法律上問題ないが、18歳未満の場合は処罰の対象となる。

児童買春や淫行条例に関するルールを正しく理解し、その行為を犯したものは相応のリスクがあることを心得ておくことだ。

セフレ、愛人、援交、割り切り…そんな出会いを探すなら

出会い系は本当にエロい子と出会える?専門家が初心者向けにガチ解説

刺激的でエロい出会いを求めるなら、出会い系が今かなりアツい。

セフレ、愛人、援交、割り切り、パパ活…そんな募集が大量に書き込まれている。掲示板やコメントを見るかぎり、1日1万件以上は少なくとも出会いが成立している。

そもそも「出会い系ってサクラばかりだろ」と思った人は時代遅れだ。安全な優良出会い系を使えば、誰でも確実に出会える。今はそれくらい素人女子が急増している。

最近の出会い系の動向は以下記事に書いたので、出会い系に興味があれば、ぜひ読んでみてほしい。

\管理人おすすめ出会い系/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

僕が実際に色々な出会い系を使ってきたなかで、アダルトな出会いなら「PCMAX」が一番おすすめだ。

ユーザー数が1000万人と他と比べて圧倒的。断トツでエッチな子と出会いやすい。エロ業界では有名な出会い系だ。

PCMAXの登録は無料なので、アングラな世界に興味があれば、一度覗いてみると面白い。お金と欲望が入り乱れる日本の闇を垣間みれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。