21記事目にして月間10万PVを達成できた3つの理由

当ブログの11月の月間PV(ページビュー)数が、な..なんと10万を越えました。1日あたり、3000〜4000アクセスあるなんて、こんなにもたくさんの人に見て頂けているとは喜ばしいかぎりです。

ブログ開設からマイペースに記事を書き続け、早10ヶ月。書いた記事はたったの21記事ではありますが、10万PVを達成することができました。この場をかりて、皆様に感謝いたします。

ブログを始めた当初は「まずは1年以内に1万PVを」と目指しておりましたが、あれよあれよというまにアクセス数が伸びて、9月には2万PVを達成。そこで目標を「年内までに10万PV」と大きな目標に変更したその翌々月の11月に10万PVを達成することができました。

今回は当面の目標が達成できた節目ということで、当ブログの歩みを交えたながら、10万PVを達成できた理由について、僭越ながら分析したいと思います。

当ブログの今までの歩み

このブログを立ち上げる前は、2年半くらい自分の趣味中心のブログを書いていた。1日に100アクセスあるかないかの弱小ブログ。1ヶ月に1記事書くか、書かないかくらいのペースで、かなりのんびりと書いていた。自己満足に近いブログだったので、アクセス数は特に気にしておらず、誰の役にも立たないネタをただひたすら書いていた。

せっかく書くのだから、もっとたくさんの人に見てもらえるような記事を書こうと思い、今年3月にこのブログを開設した。最初の頃は、自分の書きたいことを書いた趣味記事になっているが、次第にアクセス数を稼ぐにはどうすべきか、を考えながら記事を書いていった。

月ごとに書いた記事を見ていると、かなりムラがある。4月や6月はまったく書いていない。それにしても、3月にこのブログを開設してから8月までの6ヶ月間で9記事しか書いていない。9月は仕事都合で長期休暇ができたため、このブログに少し本腰を入れて書き始めた月である。この頃に書いたJK店の記事のアクセス数が爆発する結果となった。

記事数 PV数
3月 3 88
4月 0 233
5月 4 777
6月 0 909
7月 1 1,206
8月 1 1,383
9月 7 22,635
10月 2 89,137
11月 3 11,844
合計 21 228,222

 

何十万、何百万というPVを稼ぐブロガーは、「とにかく記事を書け」「毎日記事を作成しろ」と熱弁するのをよく見受けるが、のんびり記事を更新する僕のやり方でも結果を出すことができた。

もちろん、記事をたくさん書いたが方が、キーワードのロングテールを狙えるし、ドメインも強くなるのでごもっともな話。本当はもっとたくさん記事を書きたいのだけど、働きながらだと、毎日書き続けるのはさすがにキツかった。やっている人は本当にすごいと思う。

最近よく耳にするのはGoogleが「コンテンツ至上主義」になったという話。Googleは記事数や被リンク数だけで評価はせず、記事の中身がユーザの求めるものとどれだけマッチしているかを、しっかり評価するアルゴリズムに改良されてきたというが、まさにそれを実感する結果となった。

では、このブログが10万PVを達成できた理由について、自分なりに分析してみることにする。

理由①〜JK店の体験記事(フィールドワーク記事)のアクセス数爆発〜

昔のブログでは、JK店の体験記事(フィールドワーク記事)を1つだけ書いていた。その記事が唯一アクセス数を稼いでいた。このときから、このネタをちゃんと書き続ければ、アクセス数が伸びるそうだな、という確信は少なからずあった。

このブログでは、JK店の体験記事を6つ書き、それらがアクセス数TOP上位を独占している。また、このブログの総アクセス数の約8割弱がそれらJK店の体験記事である。まさにパレートの法則とはこのことか。

JK店のようなアングラ店に行きたいと考えてる人は、その店がどのようなサービスやシステムになっているのか、前もってネットで下調べをする人が多いのだろう。店のホームページはイイコトしか書いてないし、ネットの掲示板では店の全体像が汲み取れないことが多いので、体験談をただひたすら書くだけもアクセス数は稼げそうだ。

個人ブログで、誰かに何かの情報を伝えるときって「珍しさ」「見方」には価値が付くと思っている。僕のブログの場合では、JK店の体験記事にあたるような「足で稼いだネタ」がこの両方にマッチしていると思っている。

「珍しさ」という意味では、JKリフレやJK見学といったニッチな店の情報は、一般的な大衆店と比べて情報が不足している。また、JK店は店舗によりサービスが多様化しており、一体どんなところなのか、初めて行く人には不安も多いはず。なので、店舗単位の体験談にはかなり需要があるようだ。

「見方」という意味では、JK店に行って何をどう感じたか、などの個人体験を書くことが情報の価値になると思っている。個人体験は書く人の主観が多く入ってくるが、それがリアリティにつながってくる。

僕は誰かからお金をもらって記事を書いているわけではないので、しがらみなく自由に書くことができる。そこが店の公式サイトや大手の店舗情報サイトとの違いであり、個人ブログの強みになる。そして、それを求めて、多くの人がこのブログにアクセスしてくれているのだと思う。

理由② 〜「裏オプ」というキーワードの上位表示〜

このブログの流入のほとんどは検索エンジンからである。当ブログに訪れた人がどんなキーワードを検索エンジンに入力したかは、Google AnalyticsやSearch Consoleを見ると、実はだいたいわかってしまう。

これらを見ると、「JK 裏オプ」「秋葉原 裏オプ」、「(JK店の店名) 裏オプ」などの「裏オプ」との複合ワードでこのブログのJK店の体験記事にアクセスしている。

このブログのJK店の体験記事の多くは、これらのキーワードが検索上位に表示されるため、アクセス数が格段に伸びていった。つまり、人気のキーワードをどれだけ検索上位に表示させるかで、アクセス数が決まってくる。

多くの人がJK店の裏オプ情報を求めて、このブログにアクセスをしてくれている。キャバクラの枕やデリヘルの基盤といった類の情報と同じで、JK店の裏オプは情報としてかなり価値があるようだ。

「裏オプ」がキーワードになることはかなり早い段階で気づいていたが、あえて、そのネタを控えつつ、実験的にいろいろなタイプの記事を書いてみて試行錯誤をしていた。JK店の裏オプネタの記事を書き続ければ、もっと早い段階で10万PVは達成していたと思う。

ちなみに、僕はJKと裏オプがしたい、という気持ちはなく、性的魅力を自覚したJKと、年齢の離れた男性に高値で身体を売るという実態そのものに興味があった。

このブログを見てくれている人は、どちらかというとJKと裏オプがしたい、という気持ちの人が多いかもしれない。そういう意味では、僕の書く記事は若干ベクトルが違うけど、そういった人たちにも高い角度で刺さるように意識して書いてきた。

理由③ 〜他記事への導線を意識したデザイン設計〜

違う記事への誘導は、Stinger5のデフォルトで入っている「新着記事」「関連記事」だけでなく、アクセス数の多い人気記事を表示してくれるWordPressプラグインを設置することで、ブログ内の導線をつくったことはかなり効果があったのかもしれない。

このブログはさくらVPSを借りて、ブログソフトウェアにはWordPressをインストールし、ブログのテーマはSEOに強いとされるStinger5を使っている。会社ではインフラ系のエンジニアをしているので、サーバなどの足回りの準備やStinger5のカスタマイズにはさほど苦戦をしなかったが、プログラミングは得意ではないので、人気記事の表示や問い合わせフォームなどの機能は、WordPressのプラグインに頼っている。

ブログのデザインはほとんど手つかずだけど、レシポンシブデザインのStinger5により、PCで見ても、スマホで見ても、それなりに本格的な見栄えになっていることに満足している。

SEOに関してはド素人なので、それに関連する本は一通り読み漁ったが、正直なところ、そこまでSEO対策しているわけではない。SEOに強いとされるWordPress+Stingerの組み合わせと、ALL in ONE SEOプラグインを入れて、ネットで調べた情報をもとに基本的な設定をしているのみだ。これがどこまで効果があったのかは未知数ではあるが、やっている対策はこの程度である。

当ブロブの今後の歩み

このブログに訪れる人の多くは、JKと裏オプをしたい人が情報を求めてアクセスしているわけだが、実は僕としてはそれが少し不本意な部分もある。それを狙ってPVを稼いできたとはいえ、裏オプ情報発信ブログという方向性を目指しているわけではないし、それ以外の記事がほとんど読まれていないのが残念でもある。

今後は「エロスとは何か」「それが社会とどう接続しているのか」を考える記事を増やしていきたいと思っている。とはいっても、JK店の体験記事は人気ネタのひとつなので、今後も続けてはいくつもりだが、新しい分野もどんどんと開拓していければと思っている。ただ、ピンサロ、デリヘル、ソープといった一般的な風俗店の体験記事はおそらく扱わないと思う。僕のエロス哲学とはあまり合わないからだ。

また、本は読む方なので書評の記事は続けたいと思っている。書評の記事には、なるべく自分の考えを入れるようにしている。書いていることが「非現実的」「バカげている」などの反論は甘んじて受け入れるとして、いずれにしても、ネットや本で寄せ集めた情報をただ垂れ流すような記事にはならないようにしたい。

あと最後に、近々このブログをより幅広い人に見てもらえるようにイメージを刷新するような仕掛けを考えている。早くて年明けには公開できると思うので、期待せずにまた見に来て頂ければと嬉しいです。

おすすめ特集記事

JKの援交募集があるヤバイ神待ち掲示板を調べてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。